御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

6月の第一土曜日は、
毎年、あるお客さまの経営計画の発表会がある。
早いもので、今年もその日が来た。

もうずいぶん長くしておられる。
進め方、内容もほぼ定まったものだ。
経営者は、わたしよりも1歳お年上
大阪JC時代からのお付き合いである。

この方のすばらしいところは
緻密さと粘りである。

あらためて感じたことは
20人強の組織としては
経営情報、顧客や商品に関する計数情報が
確かであることだ。
戦いをするには情報が必要だが
これだけあればしっかりと分析判断できる。

150ページにもわたる経営計画の作成は
大変だろうが、
社長は、一年に一度経営を見つめ直すよき機会だという。
その成果が、経常利益をしっかりと出せている
また売掛金や在庫がしっかりと管理できていることに
つながっていると確信している。

勉強になる一日であった。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

名経営者の会議への参加術

Noimage ブログ

3月決算業務が終わっての打ち上げ飲み会

Noimage ブログ

初秋の黄金田の艶やかな色が目にまぶしい

Noimage ブログ

なにわあきんど塾恒例の決算書分析講座

Noimage ブログ

そろそろ経営計画の策定開始時期ですね。

Noimage ブログ

わが社の若手社員の課題図書

Noimage ブログ

発想とレベルがちがう

Noimage ブログ

販売なくして事業なし