御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

毎月15日は、事務所ニューズレター原稿の締切日である。
ここ最近、私がお伝えする記事は、
コトラーの『マーケティング・マネジメント』を超要約していっている。
やっぱり、マーケティングの勉強はコトラーの制覇であるからね。

今回は早くも3回目、大くくりのテーマは『マーケティング上の意思決定』である。
内容は、以下の3つのサブテーマである。
・製品ラインとブランドのマネジメント、
・サービス設計とマネジメント、
・価格決定戦略

これを、できれば1ページにまとめたい。
これが苦痛である。
なにしろ元の本では150ページくらい、わたしのまとめでも20ページくらいあるのだから。

塗炭の苦しみとはこのことである。
お若い人にはこのフレーズはわかるだろうか?
まあ生みの苦しみというやつ

さて、なんとかまとめたものを次に載せてみます。
はたして、理解可能なものでしょうか?
また教えてください。
(一度に載せると何だから、3回位に分けてみます)

――――――――――――――――――――――――――――――――――

□製品ラインとブランドのマネジメント

顧客は、製品を、製品内容、サービス内容、価格妥当性から判断する。
顧客維持の最善方法は、よりやすく、価値あるものを常に提供することだ。
そのために、
標的顧客のニーズ・欲求に応える提供物の計画から始めて、
競争力ある製品を生みだすに3つの要素をうまく組み合わせる必要がある。

■製品ラインと製品ミックス

 ・製品は、顧客ベネフィットから始め、
  それを満たす製品、期待を上回る価値と組みあわせで考え、充実させる。

 ・製品ミックスは、販売する製品・アイテムのすべてで、
  製品ラインの幅・長さ・深さ、整合性を考え、拡張する。

 ・製品ライン各アイテムの売上利益貢献度、
  ライバルとのポジショニングを確認して、戦略を立てる。

 ・製品ラインの長さには気を配り、ライン拡張、絞り込み、充実などの戦略を取る。

■ブランドの決定→製品戦略の要

 ・ブランドとは、
  製品を識別させ、他社と区別する名称・言葉・記号・シンボル・デザインの組み合わせである。

 ・ブランドは、常に一定の特徴、ベネフィット、サービスを提供することを約束するものである。

 ・プロマーケターに最も特有のスキルは、ブランドの創造、維持、防衛、向上力。
  ブランディングは、マーケティングのアートであり、礎(いしずえ)だ。

 ・その意味は、1.属性想起、2.ベネフィット想起、3.価値創造、4.文化の象徴、
  5.特定の個性伝達、6.購入使用する人のイメージ形成で、
  その目標は、ブランドに対する肯定的なブランド連想を創り出すことにある。

 ・ブランドのもっとも永続的意味は、価値と文化とパーソナリティであり、
  それがブランドの本質を決める。

■ブランド・エクイティ(資産性)

 ・高いブランド・エクイティは多くの競争優位をもたらす。
  だからブランド名は慎重に扱われなければならない。

 ・そのために、ブランド認知、ブランド品質知覚、ポジティブなブランド連想を
  維持改善していく必要がある。
  
 ・力のあるブランドとは、ロイヤル・カスタマーの存在を示すもの、
  根底の基本的資産は顧客エクイティである。

 ・だからそのマーケティング計画の要は、
  ロイヤル・カスタマーの生涯価値を伸ばすことになるのである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

皆さんの会社にもブランドがあるはず、
ブランドとは何だろう?それがもたらす経営上の成果とは何だろうか?
それを守り育てることは、皆さんにとって価値と意味があるのだろうか?
だとすれば、皆さんはなにをしていかなければならないのだろうか?
それも、計画的、体系的、組織的に・・・

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

10年後のわが社を考える

Noimage ブログ

決算書で見る経営者のタイプ~その1

Noimage ブログ

経営計画のリメイク

Noimage ブログ

事務所の経営合宿をしています。

Noimage ブログ

後継者大学で月次決算の意味を考え直す

Noimage ブログ

福岡の設備工事会社の経営管理をベンチマーク

Noimage ブログ

本山先生と私の対談が載りました。

Noimage ブログ

ある一日