御堂筋税理士法人創業者ブログ

ここのところ、2つほど

お客さんのコックピットを

作らせてもらった。

 

一つは、部門別損益計算書

もう一つは、レジャー施設の

純然たるコックピットである。

 

コックピットとは

ご存知の方もいらっしゃると思うが

私が、お客様の業績管理のために

作っている総合業績資料である。

 

その特徴は

その会社のビジネスモデル

創る→造る→売る、をデザインして

それを、

活動→成果の関係から

数値目標化して

一覧表したところにある。

 

したがって

これを作ると

お客さんのビジネスの内容が

よーく理解できる。

 

だからこそ、

会議に出て、気の効いたことを言って

貢献できるのである。

 

そのためには、

お客さんのビジネスの内容

顧客、役立ち、製品、プロセスなどを

よく確認しなければならない。

 

このようなことを

数多くこなしていると

たいがいのビジネスの構造が判ってくる。

 

製造業、建設業、運輸業、流通業、

小売業、飲食業、サービス業など…

 

農業や林業や漁業、鉱業など

自然から原料を採取するビジネスは

お客さんがいらっしゃらないので

あまり知らないが、

機会があれば

コックピットを作ってみたいと思う。

 

これを共有して、目標設定し、

一丸となって

取り組んでいただきたいものである。

 

そうすると、ふつうは

必ず成果が挙がっていくものである。

 

新たに作った2つのコックピット

ささやかな思考の産物だが

私にとっては自分が作った作品である。

これらを羅針盤として使って

利益創造の宝島をめざして

いっしょに航海を進めて行きたいものだ。

 

会計事務所と

経営コンサルティングの融合

 

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

 

小笠原 でした。

 

 

 


関連記事

Noimage ブログ

日本で21世紀を勝ち抜くために求められる能力

Noimage ブログ

営業のお話は皆さん真剣に聴いてくださるなあ~

Noimage ブログ

日曜日、気になっていることが片付きました。

Noimage ブログ

組織開発を進める上でだいじな考え方

Noimage ブログ

生産性を上げるという経営課題をどう進めるか

Noimage ブログ

やっぱりフォローアップの研修は効果抜群だなあ

Noimage ブログ

ビジネスマンが数字をどう活かすか

Noimage ブログ

順調と逆境