御堂筋税理士法人創業者ブログ

 皆さんこんにちは。御堂筋税理士法人の小笠原です。2023年も明けましてお仕事も動き始めたと思いますがいかがでしょうか?私は昨日、新人のメンタリングでもって新たな年の仕事をスタートさせました。

 この新人のメンタリングですが、新人とのランチ会とともにしだいに定例化しかたちが整ってきたものです。それはまあ私がこの組織の創設者でありますので、私の考え方をきちんと伝えておくことで、組織の考え方や風土のよってきているところを知り、よりスムーズに組織になじんでいけるのではないかと思って行なっているところです。

 ということで自然発生的に始めましたが、ようやくその内容も整ってまいりました。私が今これだけのことを共有しておきたいと思っているのは次の5つのテーマについてです。

1 私の経営の考え方
2 私の会計と税務についての考え方
3 私の経営コンサルティングについての考え方
4 私のビジネス・マナーについての考え方
5 私が提唱するものの見方・考え方(価値観)

 これらについて毎月1つずつテーマアップし、共有しようというものです。そうした会話の中でメンティーたちの今の状況を訊きだし必要なアドバイスやサジェスチョンを行なっていければいいなと思っています。

では上に述べた5つのテーマについての内容です。

 1の経営の考え方については、私の私家本を題材に事前読書してもらい、感想と質問をしてもらおうというものです。そうした対話を通じてこの組織の歴史、大事にしている考え方を、実際に勤めて見ての実感に照らし合わせて立体的に理解してもらい、よりよくスムーズに組織になじんで行ってもらおうという趣旨です。

 2 会計と税務についての考え方についてですが、私は自分自身の体験と知りえた他の会計事務所の仕事内容から、私自身が会計事務所の仕事をどう定義づけし位置づけているかえを話し、特に税務に取り組む人にはそうした考え方をベースに仕事に取り組んでほしいと願っているところのものです。

 それは一言でいうと、経理と税務は、我々会計事務所にとっては目的であるが、企業にとっては手段に過ぎないということです。この違いの結末は深刻になり得、多くの笑うに笑えない逸話を生み出しています。専門家のプロダクトアウトの気質がもたらす悲劇です。要は試算表を作るのが仕事ではなく、経営者に有用でわかりやすく経営の状況を報告するのが仕事だということです。

 そして、単に伝票をチェックしやみくもに試算表をまとめるだけでなく、そこから経営について深く洞察し、経営の良化について具体的なアドバイスをできるようにならなければ己れをゆるさじとする姿勢です。

 3 経営コンサルティングについての考え方ですが、これは上に挙げた会計人としての姿勢から必然的に次のステップとして浮かび上がってくるテーマです。ご存じかもしれませんが私の高業績企業創りの理論は、ドラッカーの「マネジメント・小企業の経営」のくだりを私なりに解釈して実践に落とし込んでいるものです。

 それは、①ニッチNo1戦略→②コックピットによる経営の数字による見える化→③コックピット会議による思考錯誤と進化→④マネジメントスキルの訓練による経営者・幹部育成の4ステップによっています。

 そしてその中で具体的に解決していくべき問題について、弊社の各チーム、外部のネットワークを使って実際に解決していこうとするものです。それらは、増販、ブランディング、生産改善、組織化、組織開発、リーダーシップ開発、人材育成、IT化、会計まわりの改善、人事・人材採用、組織再編、事業承継、M&A、資産形成と資産運用、IPO支援などです。

 4 ビジネス・マナーについての考え方とは、大人の基準行動のふり返りと再身につけです。それは、挨拶、時間を守る、計画と連絡・約束、報連相と後始末、整理整頓、身だしなみ、立ち居振る舞いです。これらについて再度考えてもらい、第一印象や日頃の態度からお客様に見限られないようにするためのものです。

 最後の5 ものの見方・考え方(価値観)ですが、これはいわゆる道徳観とその身につけ方です。今年は久しぶりに社内のトレーニングで1年間にわたりこのテーマを深掘りするつもりですが(社外の方もご参加いただけるようにします)その予告編といったところです。なんといっても仕事のような目に見えるもの(果)は、価値観という目に見えないもの(因)の結果です。だとすればこれほど本質的でたいせつなものはないでしょう。

 見ていただいたように、これら5つのテーマをぜひともお話しておきたいと思いプログラム化したものです。こうしたことがドラッカーさんが『マネジメント』の中で語っているシニア経営者の「良識活動」の一つではないかと思っております。こうしたことに憂いなく取り組める環境を創ってくれている現役の諸君に感謝しながら。

会計事務所と経営コンサルティングの融合

御堂筋税理士法人&組織デザイン研究所

ファウンダー 小笠原 でした。

関連記事

Noimage 事務所のこと

その品質では仕事ではない、作業にすらなっていない!

Noimage 事務所のこと

弊社幹部の来期の目標管理に際してのお願いメール

Noimage コンサルティング

つれづれ-私の経営観とコンサルティング観

Noimage 経営者へのメッセージ

(続)経営者に必要なスキル〜ドラッカーが挙げるもの

Noimage 経営者へのメッセージ

日本外史-血沸き肉躍る英傑たちの物語

Noimage 高業績企業づくり

学びの多かった会議の実践訓練

Noimage 高業績企業づくり

すばらしい構想力とエネルギー

Noimage 高業績企業づくり

社員とは人様からお預かりしている大切な人の子である〜人材育成で社長が持つべき思いとは?