御堂筋税理士法人創業者ブログ

土曜日、お客様の経営計画の発表会があった。
今年で14回目とのことである。
新大阪のカンファレンスホールで行なったが
大勢の社員、来賓の方々がご参加され壮観であった。
思えば、立派になってきたものである。

さて、その発表会の記念講演として
旧松下電工の住建部門の
営業責任者であられた
辻本和男氏のお話があった。
わたしも大変お世話になった方である。

長年のトップセールスマンの経験と
驚くほどの読書の中から醸成された
お話は大変含蓄と実践のヒントに富んでいた。

20140308_114949

伝説の営業マンであられて氏のお話は、
営業マンにむけて
個人のキャリアアップと
管理者として取り組むことに焦点があてられていた。

BtoBの営業マンのスキルアップの
道筋がわかりやすく示され
本人にとっても、上司にとっても
マイルストン、評価のものさしとして
とても役立つものだなあと思った。

簡単にいうと
営業マンのレベルアップは
環境順応型知性→自己主導型知性→
自己変容型知性だという。

行きつく段階は
お客様の経営のコンサルタントができることだ。
まったくそのとおり!
機会があればご紹介したい。

それにもまして
実践的で思わず話に引き込まれたのは
営業チームのマネジメントについてである。
氏は『価値の共有化』をキーワードに
それを時間軸の長さにしたがって
5つの段階に落とし込む。

①は1~3年のスパンである。
これは戦略思考とよばれるところである。

②は3ヶ月のスパンである。
これは方策展開思考とよばれる。

③は月次のスパンである。
これはいわずもがなである。

④週次のスパンである。
これを作戦思考と呼ぶ。
それは変化への迅速な対応である。
顧客との関係を基にした
営業マンの生産性のみなもとに
『信頼の経済』という考え方を置く。
その終結点は『回収』である。
そのためにクレームなどの
処理をきちんとすることが必要だ説く。

そういう観点から
営業マンの課題を正直に共有するためには
日報よりも週報が大切だと説く。
確かにそうだ、
日報だと逃げが効くが、
週報だとストーリーだから逃げが効かない。

上司と部下で問題点を共有し
場合によっては、業務、物流など
他部門とのすり合わせも必要だ。
そのときはJ・ウェルチのいう
ワークアウトでじっくり打ち合わせをする。
そのときこそ
ビジネスマンの人間としての本性が出る。
キーワードは「損をする」をなくすことだという。
そこに営業マンのさもしさが出るからだ。

こうした社内での
業務連携ができれば、
お客様から見ればすごくいい会社となる。
それが企業価値を生むというわけだ。

⑤は毎日だ。これは工夫思考で臨む。
ポイントは稼働時間の確保である。
そのためにいらないことをやめる、やめさせる。

最後に、管理者の心構えである。
「上が成長しない限り、下は成長しない」
これはドラッカーの考え方と同じだ。

そのためにコミュニケーションが大切なのは
いうまでもない。
そのときに重要なのは
説教ではなく、相談に乗るということだという。
それはまさしくコーチングである。

辻本さんのお話は
さすがに電工きっての
辣腕セールスマンから営業トップにまで
登り詰められた体験と努力と勉強に
裏打ちされた良質な実践と理論が
みごとに融合された、
だれにでもわかりやすいお話であった。
さすがである。

ぜひ、機会を作って
わたしたちのお客様にも
聴いていただきたいと思った。

コンサルティングに強い
御堂筋税理士法人&経営エンジン研究所
大阪 税理士 小笠原 でした。

関連記事

Noimage ブログ

経理部長の仕事に対する私の思い

Noimage ブログ

親子の率直なお話合い

Noimage ブログ

鹿児島での後継者勉強会

Noimage ブログ

建材流通の経営者の集まりで講演をさせていただく

Noimage ブログ

教えてください。わが社の特徴は何ですか?

Noimage ブログ

人事制度や人材の育成のお手伝い

Noimage ブログ

嵐が丘に立つ

Noimage ブログ

経済学 「ふーっ…」