御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日は、熊本での後継者大学です。
この催しも、今日で7回目、
実質的に経営計画の最後の講義となります。

今日の内容は、数値計画を作ることです。
3ヶ年の計画の、利益計画と資金計画を立ててみて
さらに、利益率や一人当たり粗利など、
経営もものさしを当ててみて
目算どおりとなるかを検証するものです。

ところが、これがなかなかむずかしい。
特に資金計画として資金運用表を作るのが大変です。
今回は、そこのところをしっかりと作ってもらおうと思ったのです。

資金運用表を作るためには
売掛金、在庫、買掛金というものとお金の動きが
しっかりと理解できていなければなりません。
さらに、減価償却とはどういうことか
そして、税金の支払はどのようになっているかなど

私の説明や、資料、フォーマットの作り方がへたくそで
参加者の皆さんには、大変ご苦労をおかけしてしまいました。
さっそくフォーマットなどを修正して
改めて、メールを差し上げて宿題とさせていただきました。

皆さん、頭を悩ませて、ごめんなさい。
しかし、参加者の皆さんが、こうしたコンセプトを
しっかりと理解できれば、経営のスキルは
格段にあがるのではないかと確信しております。

税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

社員向け『ものの見方・考え方』訓練の2回目

Noimage ブログ

経営戦略でもっとも切れ味の鋭いお話

Noimage ブログ

休みの日の夕方に出発するのは・・・

Noimage ブログ

生まれて初めて鯛を釣りました!

Noimage ブログ

4月から始める『経営価値観講座』はありがたいことに定員オーバーになりました。

Noimage ブログ

吉田松陰の遺書を読んで感動する。

Noimage ブログ

経営者に求められる数字力

Noimage ブログ

ドラッカーのマネジメントをまとめ続けて・・・