御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日は、お仕事をリタイアされる税理士の先生から
あるお客様の税務の業務を引継ぎために
松本と二人で出かけました。

もう70歳代の半ばを超えられる先生は
引継のために資料を揃えていただき、
また、弥生会計を巧みに操って説明をしてくださいました。
そのお姿を見て、私達会計人のあるべき姿を
考えさせられました。

お客様の社長やお母様から
「先生、永い間、本当にお世話になりました。」
とお礼をおっしゃっておられましたが

恬淡とした先生のお姿は
私の目に深く焼きつきました。
お仕事に専心して、そして世代を引き継ぐ
私もそうありたいと思いました。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

意気のいい銀行の担当者にお会いして

Noimage ブログ

経営計画を作っている割合・実行できている割合?、計画倒れにならないポイント

Noimage ブログ

売掛金の回収が非常にまずい会社の場合

Noimage ブログ

なんと、求職者が100人以上

Noimage ブログ

営業マンの育成プログラムを検討しました。

Noimage ブログ

金利とはそういうものだったのか!納得

Noimage ブログ

マズローの『完全なる経営』に深く感銘を受けました。

Noimage ブログ

人材が育っているなと実感できる会議