御堂筋税理士法人創業者ブログ

会社は、しこたま儲けなければならない。

ドラッカーは、それは、

リーダー的地位によって

もたらされると語っている。

リーダー的地位は

ねらいとする分野で

お客様から人気ナンバー1と

なることで築かれる。

なんらかの

顧客・市場、用途、技術で

ナンバー1であることだ。

われらが中小企業の場合

人もお金の限られるから

ナンバー1になるためには

相手をしぼりこむことが必要だ。

よくいわれる、選択と集中である。

そこで、ドラッカーにいわせると

中小企業にとっての戦略とは

ニッチOnly1ということになる。

ポーターは

戦略とは競争戦略であるという。

競争がなければ戦略は必要ない。

その戦略とは、

何らかのターゲットに対して

ユニークなサービスを

提供することだという。

ドラッカーもポーターも

おなじことをいっているのだ。

そしてポーターは

ターゲットをしぼり、

捨てることを決め、

業務の中身を、戦略に適合させる

ことを教えてくれる。

そしてひつこくしていくことだと。

では具体的戦略には

どのようなものがあるのか?

上手にやって、大儲けしている

会社のやり方は千差万別なのか?

もし、そうだったら凡人にはお手上げだ。

戦略は天才のものになる。

でもそうでもなさそうだ。

最近読んだのが

ジェイ・B・バーニーの

企業戦略論(上・中・下)である。

そこには10の戦略が解説されている。

参考になったのは

業界のタイプである。

業界としてのライフサイクル、

競争構造などから

いくつにも業界をわけてある。

業界とは

ある意味、グラウンドか土俵

みたいなものだ。

土俵がちがえば戦い方もちがう。

ところで10の戦略だが

それらは次のとおり

a.垂直統合、戦略的提携、

  多角化、M&A、国際戦略

b.コストリーダーシップ

c.製品差別化

d.柔軟性

e.暗黙的談合

a~eは勝手につけたものだが

aはある種、どこまでを

事業の範囲に入れるかの

選択肢に思え大きく

グループとして考えられる

のではないかとおもって

ひとつにした。

ところで、これらは

a+bやcといった併用可能だろう。

バーニーは

そのために

価値がありレアもので

まねできないものを

組織でできる力が

ポイントだといっている。

はじめにいったように

中小企業ではなにしろ

ニッチOnly1である。


そして、上の10の戦略から

必要なものをチョイスして

わが社の

仕事の内容=業務プロセス

=バリューチェーンを

取捨選択する。


えらんだものを

お客様からイの一番で

えらばれるように

ぴっかぴかにする。

つまり

価値ありレアもので

まねできないものを

組織でできる力を

身につける


これが戦略を組み立てる

方程式ではないだろうか。

アレクサンドロス大王は

みずからの5倍以上の兵力の

ダレイオスのペルシャ軍を

ガウガメラで

機知にとんだ戦略と、

縦横無尽の指揮で

完膚なきまでに

敗走せしめたが

これは天才のなせるわざ

われわれは

定石をつかって

しっかり歩みましょうというわけ。

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

税理士コンサルタント 小笠原 でした。


関連記事

Noimage 高業績企業づくり

優良企業をつくるには社員の力を結集すること! そのためには…

Noimage 高業績企業づくり

二宮尊徳翁の思想

Noimage 高業績企業づくり

ようやく、製造業の経営改善のストーリーを執筆し始めました。

Noimage コンサルティング

「先生、この数字、すごくいいと思います!」

Noimage 高業績企業づくり

ものづくり企業の業績管理

Noimage 高業績企業づくり

創立50周年感謝のつどい〜お客様のパーティに参加して

Noimage 高業績企業づくり

『経営のコックピット』を使った会議の現場から

Noimage 高業績企業づくり

経営の内容が透明化してきた。