御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

事務所主催の経営計画セミナーの
計画発表会を開催しました。

大阪の資源リサイクル関係のF社
香川の建築資材メーカーのT社
大阪のHPコンサルティングのN社
名古屋の工務店のA社
そして大阪の造船関係商社のK社 の5社です。

このセミナーはスタッフの才木が全体の進行をしながら
すすめさせていただきました。
できあがった経営計画を順番にご発表いただきましたが
正直、その出来ばえには舌を巻きました。
というのは、大変深く掘り下げ、細かく書かれているからでした。
このセミナーももう8期になると思いますが
回を重ねるにつれて出来ばえが濃くなっていきますね。

これをまとめるために幹部と2泊3日で合宿をした人
事業部ごとに幹部にまとめさせた人
これを機に、会社で幹部を参加させて改めて計画を作る人など
皆さん、経営計画への取り組みが本気だと思います。

わたしは最近つくづく思うのです。
経営計画を作る意味はなにだろうか?
それは、やはり長期の課題にしっかり取り組むことだと!
取り組まなくても誰からも文句のいわれない仕事に取り組む
それが経営計画で考え、実行することだと思うのです。

そして、こんな時期だからこそ、
ますます計画の大事さに思いを致す今日この頃なのです。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

工務店の後継者の戦略構築はばっちり!

Noimage ブログ

会議では毎回気づきの連続ですね

Noimage ブログ

経営計画書を織り込んで、ホチキスで止めて・・・

Noimage ブログ

商売ではリードタイムが大切だ

Noimage ブログ

社員向け『ものの見方・考え方』訓練の2回目

Noimage ブログ

成果のあがる営業会議にする方法

Noimage ブログ

10億円会議

Noimage ブログ

サブプライムと貸し渋り