御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

18日の金曜日から今日まで長崎を旅しました。
金曜日は夕方の便で長崎に飛び
その足で雲仙に行きました。
雲仙は今は去る33年前、
新婚旅行で訪れた想い出の場所。
その年は記録的な大雪だったが
今日は梅雨前線の雨ですごい霧
九州は梅雨に時期はさけなければならないことに
ようやく気づいたしだい。⇒遅すぎる。

芸能人もお忍びで来られるお宿に投宿
遅い時間の到着にもかかわらず
とてもよくしていただいて恐縮
さすがの旅館であった。

土曜日は山を下りて諫早へ
諫早は息子の嫁の実家があるところ
私は急な所用で博多往復(´-д-;`)
夕刻、義理のお父様お母様ご夫妻と妻と
長崎駅前で待ち合わせて
竜馬ゆかりの丸山の料亭『花月』へ
とっても行きたかったところなのでワクワク
ご夫妻のご招待でとてもうれしく思います。

ついたところは花街丸山の入口
さすが歴史と伝統を感じさせ、少し圧倒される店構えである。

2010061918280000

2010061918280001
(花月の玄関、奥にお座りの方は
女将である。しっかりした
独特のお化粧法はさすがである)

玄関で女将がお出迎えいただき
待合でお茶をいただいたあと
仲居さんの案内で
歴史あるお部屋、品々の見学
あの竜馬が立腹して刀傷をつけたという
広間の床の間の柱も拝見
2010061918490001

(床柱の傷が竜馬がつけたと伝えられる(無印良品はご愛敬))

迷路のような廊下づたいに
通されたお部屋は離れのニ階
三方が窓の、お庭を見通せる
すばらしい眺めのお部屋でした。
2010061918520000

(卓袱料理を前に4人でお写真をお取りいただく)

いただいたのは有名な卓袱(しっぽく)料理
江戸時代から中国、ポルトガル、オランダの影響をうけて
形ができあがってきた長崎独特の料理です。

古くから、頼山陽、坂本竜馬、中山先生(孫文)など名だたる
文人、政治家など著名人が堪能し足跡を残しています。

女将がご挨拶にきていただき
また仲居さんが上手にわけていただくお料理を堪能しました。

夢のような時間が過ぎます。
三味線の音とお客や芸妓の嬌声が聞こえてくるような幻覚
(実はたいへん静かですが)
帰りに、日本で初めての洋間のお部屋も見せていただき
玄関では提灯を持たせていただき記念撮影

2010061921520000

いたせりつくせりの演出ですね。
大、大満足の夜となりました。
よい思い出になりました。
ほんとうにありがとうございました。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

お客様の人材確保対策

Noimage ブログ

お酒という問題

Noimage ブログ

数字につよくなる講座の構想をしています。

Noimage ブログ

価値観講座がまた始まりました。

Noimage ブログ

知床は大荒れの天気でした。

Noimage ブログ

『わたしのお父さん』という歌

Noimage ブログ

材木屋さんのセミナー講演

Noimage ブログ

2018年 わが家の十大ニューズ