御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

今日は事務所の経営会議でした。
経営のコックピットという、業績の管理資料を作っていますが
今、アクセスというソフトで
売上・利益・時間数・活動成果などの必要な情報・数字を
統合的にまとめようという取り組みをしています。

ところが、これが大変複雑な情報処理で
担当の中前君も四苦八苦の状態です。

先日も、お客様の会社の戦略会議に出て
やはり期がかわって、新たな年の資料を見ますと
なかなかうまく必要な数字が出てきません。
社長さんが「数字があばれる」と上手に表現されていましたが
私の事務所でも、同じようなことがおこっています。
(はずかしい話で、プロのはずなのですがね)

そこで、近日中に丸一日時間を取って
情報の処理をしてもらいながら
正しい数字が出てくるか
実地に確認していくことにしました。
経験的に、漸進的にしてもひまがかかって
一向に改善しないように感じるからです。

そこで少し考えてみると
・誰が情報を入力するのか?
・どのタイミングで情報を入力するようにするのか?
・どうすれば、それをもれなく入力できるようになるのか?
こうしたことの問題点をその日にあきらかにして

基本的な処理ルールを決め
そして情報処理の(特に月次の締めの)マニュアルを
しっかり決めてしまおうと思っています。

というのも、経営のコックピットという考え方は
私が皆さんにお勧めしている
経営の進め方の重要なツールだからです。
私たちが、簡単にできないと、
お客さんにも導入できないですものね。

コンサルティングに強い 税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

銀行のリクエストに応えての業績改善策はこの手で行く!

Noimage ブログ

わが事務所の経営会議

Noimage ブログ

地震

Noimage ブログ

東京商工会議所さんでの経理部長セミナー

Noimage ブログ

経営計画を作っている割合・実行できている割合?、計画倒れにならないポイント

Noimage ブログ

映画『マーガレット・サッチャー』を見てきました。

Noimage ブログ

営業の目標設定

Noimage ブログ

今月のドラッカー講座はいよいよマネジメントの中身に入ります。