御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

家内から、年の瀬にお墓に参っとかないかんよと後押しされて
父母のお墓と家内の父親のお墓に参りました。

私など、信仰心、親孝行からは
もっとも遠いいわば盲目の人間、

お墓に参ると、少しお掃除をして
お線香を挙げて手を合わせました。

本来なら、15分、30分、亡き父母やご先祖と対話する。
だいじなことだと感じました。
もう少しゆっくりと時間を取る必要がありますね。

お墓に参る意味は何なのでしょうか?

報告をする。
お礼をいう。
いのちの意味を確認する。
今はできない親孝行をたとえわずかでもする。
そんなように思います。
あれこれと感じる今日この頃です。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

徹底した顧客第一主義の考え方に触れて

Noimage ブログ

決算書と数字に強くなる勉強会

Noimage ブログ

数字の管理、利益と資金を管理しようよ

Noimage ブログ

事業承継のご相談

Noimage ブログ

株式会社三建の経営計画発表会

Noimage ブログ

終日研修のための読書課題

Noimage ブログ

今月の工務店後継者大学は茅ヶ崎で開催です

Noimage ブログ

経営指導でプロジェクトごとに個別打ち合わせをしました。