御堂筋税理士法人創業者ブログ

一昨日は東京のりそな総研さんで、
昨晩はSMBCコンサルティングさんで
それぞれセミナーをさせていただいた。

共に、経営計画やらマネジメントなどのお話である。
おかげさまで、どちらも多くの方々にお越しいただいて、
お名刺の交換もたくさんさせていただいた。
ありがたいことである。

名刺の交換に列を作っていただくというのは
ある種、セミナーの評価を物語るものだというのが
講師業界での位置づけである。

私は、決して逃げているわけではないが、
講師業については、プロを超えるスーパー・アマチュアをめざしている。
それは、私にとって講師業は本業ではないからだ。

だからといって決して適当にしているというわけではない。
それなりにない頭を使って、
また生来のなまけ心にむち打って
務めさせていただいているつもりである。

わたしのセミナー運営の基本スタンスは、
セミナーの時間は、図工、体育、理科の実験の時間にするということである。
決して、国語や数学の授業にしないことである。

だから、できるかぎり小グループでお座りいただく。
とにかく、ワイワイと頭と身体を活性化させて学ぶことが
もっとも効果的だと思うからである。

とはいえ、講釈もある。
経営のコンセプト、考え方、かんどころなどを説明する必要があるからだ。
ときには、講釈だけのセミナーもある。

講釈で皆さんを飽きさせず、
耳目を惹きつけるには多少の、いやかなりの力量が要ると思う。
それには、さんまさんなみのトークショーができるか
始めはともかく、二言、三言、言葉を紡ぐと
なるほど!と膝を叩く、あるいは
深くなっとくできる話ができるかである。

わたしはあまりおもしろい性格ではないので
前者の方はむりで、そのため後者を追求することとなる。

それで、いろいろ勉強し、自分で実験し、
その中から、自分の言葉で自分自身の腑に落とすことを
日常の仕事の中で大切にしている。

さらに、年齢の深まりもある。
おかげさまで60才を超えた。
セミナーに来られるほとんどの方よりも
私の方が年長者となった。

経験と年齢から
話が、確信に基づいて断言的になってきているかもしれない。
それには注意が必要で、決して独断的であってはならないとは思う。
しかし、世の経営者、幹部の方々を拝見し、
私のお話に対する反応を拝見していると、
ある程度、ズバッと断言してあげる方が
彼らの迷いがふっきれてすっきりされるように思う。
要は、背中を押してあげることだ。
「こうだよ。大丈夫、ぜったいにうまくいくから。しっかりがんばって!」
という感じである。

その上に、もう引退モードだから
特に、皆さんの反応を気にせず
いいたいことを言わせていただこうという感じでもある。

とにかく、皆さんとお会いして、
私の使命は、多少なりとも
皆さんがより成果を挙げられるために
知識を提供し、意識に影響を与えることである。
そんな気分で、講師を務めさせていただいている、
その方策が、今のところよしという結果になっているのだろうか、
皆さんの反応を拝見していると。

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人&経営エンジン研究所
大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

経営改善の実行力と実現力

Noimage ブログ

リベンジのお魚釣りの結果は?

Noimage ブログ

久しぶりに包丁を持ちました

Noimage ブログ

10月の日本経営合理化協会さんでのセミナーのテキスト作り

Noimage ブログ

自分にかかってくる相続税の計算

Noimage ブログ

社長と家族の皆さんと相談して決まった事業承継対策!これでよし!

Noimage ブログ

大学の大先輩

Noimage ブログ

発想とレベルがちがう