御堂筋税理士法人創業者ブログ

まもなく今年も2つの会社で
経営者育成の取組みが始まる。

 

また過日は、
某地銀系のシンクタンクさんから
後継者向けのセミナーの
ご相談を受けた。

 

私へのリクエストとしては
こうした経営者育成のお話が多い。

 

経営者を育成する方法は
体験的に次のようなものであると
私は思っている。

 

1.経営者の視点をもたせる。
 ・全体的な視点

  …全社的な視点

    事業をめぐる視点である。
 ・長期的な視点

  …5~10年以上である。

2.戦略計画をいっしょに立てる。

 

3.仕事の役割を大きく定め、

  権限を与え、責任をもたせる。

 (大きく定めるがポイント)

4.経営チームを作り、参画させる。

 

5.戦略計画を実行管理させる。
 ・目標管理
 ・オープンブック・マネジメント

  つまり業績をオープンにすることだ。

6.部下育成させる。

 

7.きちんと評価し、処遇する。
 ・お金と地位を

  しっかりと与えることだ。
8.マネジメント・スキルを身につけさせる。

 

要は、ゴルフといっしょで、
やらないと上手くならない
というわけである。

 

中小企業では
経営者を育てられていない。
なぜなら、経営者に
そのようなノウハウがないからだ。

 

だから会社の規模が
大きくなってくると
幹部が必要となってきて
結局、外部から
人を引っ張ってくることになる。

それもほとんどが
大企業出身者である。

 

これまで、そして今も
私もたくさんの
そうした人材の探索と補強に
関わってきた。

 

うまくいくこともあるし
得てしてうまくいかないことも多い。
ツボにはまると

すごい威力を発揮するし
期待外れに終わることもある。

 

いずれにせよ、
そんなことが重なると
プロパー社員は
なかなか上に上がれないことになる。

 

実力といえばしかたがないが
これではあまりにさみしい。

 

やはり子飼いの人間が
経営者として成長していくのが
あるべき姿ではないだろうか?

 

私はそうしたことができるように
経営者を育成しようと

努力しているのである。

 

会計事務所と
経営コンサルティングの融合

御堂筋税理士法人&
組織デザイン研究所

小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

交渉術についてまとめる

Noimage ブログ

創業者のご仏壇へのご挨拶

Noimage ブログ

あらためて内部のチェックに思いを馳せる

Noimage ブログ

お誕生日のサプライズ

Noimage ブログ

人材開発制度構築ゼミナールは第3回目です。

Noimage ブログ

経営会議でのふりかえり

Noimage ブログ

東京で依頼された社内研修

Noimage ブログ

古くからのお客さまが逝かれた